家庭的な愛ではなく女として愛されたい

人気№1
パラレル
>>人妻出会い掲示板の詳細はこちら
人気№2
SWEET LINE
>>人妻出会い掲示板の詳細はこちら
人気№3
FirstMail
>>人妻出会い掲示板の詳細はこちら
人妻というものは、いつまでも女性として見られるわけではなく、いつの間には母親として見られるようになっていきます。

もちろん子供が出来たからといって、いきなり女性としての気持ちがなくなるわけではありません。

周囲からは母親と見られていますが、気持ちの中にはまだまだ女性の部分が残っているのです。

もちろん少しでも女性としてみられるように、外出するときにはメイクもしっかりとしていく人は多いでしょう。

habu母親になってからも女性として見られることを意識しているのですが、周囲では誰もそういった部分を気にしていないことが多くなります。

ですから人妻はそういった部分を評価してもらうと、とても嬉しくなる場合が多いのです。

もちろん女性として評価されるだけではなく、同じように愛されることも望んでいるのです。

いつも母親として見られてばかりで、女性として扱われなくなっているのですから、愛されることもないのです。

家族としての愛情に関してはたくさんあっても、一人の女としての愛情はないのです。

そして求めているのは女として愛されることなのですから、母親として愛されていても満たされないのです。

せめて夫からは女として愛されていればいいのですが、夫からも母親として見られているので、そういったことが無いのです。

同じように夫の方も男としてよりも、父親としての存在感が増えているので、お互いに無理な関係なのかもしれません。

家族としてはそれで良くても、男と女の関係では満たされない状況になっているのです。

人妻ばかりではなく夫にも変化がある」

iran独身時代とは違い、人妻になるとどうしても女として見られる事が少なくなります。

その代わり母親として見られるのですが、それでも時には女として見られたい気持ちがあるのです。

これは妻の側ばかりではなく、夫の方でも同じ気持ちかも知れません。

結婚するまでは男として見られていたのに、結婚してからはそうやって見られなくなっているのです。

子供が出来てからは男としてよりも、父親として見られるようになるのですから、男女で変わらない事も多いのです。

もちろん男としてよりも、父親としてみられた方が信頼感が出てきていると思う人もいるでしょう。

家族が安心できるような、頼りがいのある父親といいイメージもあります。

ただこういったイメージの変化によって、人妻と一緒にいる時間の多い存在であった男が、父親としての存在になっていくのです。

そうなると純粋に男として接する相手がいなくなりますから、人妻の中には男性との接触がどんどんと無くなってしまうのです。

昔は男性として見ていった夫が、父親になってしまったのです。

男性はそうなったときに、どんどんと男としての自分を諦めていく場合も多いのです。

父親としては頑張るけれど、男の部分が薄れていくので、女性からも性的な魅力が感じられなくなるのです。

お互いに父親や母親といった存在になることで、性的な事よりも家庭的な部分を重要に思う事が多くなるのです。

ただ時には性的な魅力を感じたいと思うので、他の相手を探そうとするようになるのが現実のようです。

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ